金婚式には胡蝶蘭がオススメの4つの理由

日本には結婚50周年のお祝いとして金婚式という習慣があります。

両親や祖父母、友人知人などが結婚50周年という節目を迎えた際には

華々しく祝ってあげたいものです。

今回はその金婚式に贈る花として

胡蝶蘭がぴったりな4つの理由をご紹介しますね。

1、美しい姿を長く楽しめる

胡蝶蘭は日持ちの良い花として有名です。

例えばチューリップなどは一度の開花でおよそ2週間程度しかもたないにも関わらず

胡蝶蘭はかるく3ヶ月ほどは花を咲かせ続けます。

鉢植えの場合だとしっかりと手入れさえすれば毎年花をつけるので何度でも美しい姿を楽しむことができます。

2、旬の時期を選ばない

お花には種類によって旬となる季節が決まっている事がほとんどです。

先ほどもお話ししたチューリップなどは

基本的に春にしか咲きません。

しかし胡蝶蘭は交配が進んだ結果、現在では年中花を咲かす事ができます。

なので、結婚記念日に胡蝶蘭を贈れば

毎年その季節に花を咲かせます。

何年経っても結婚記念日を胡蝶蘭が祝ってくれる。

そんな贈り物素敵だとおもいませんか。

3、気品のある優雅な姿

緑の茎から白い花が咲きアクセントに黄色が映える。

その名の通りまるで蝶が優雅に飛んでいる様なその姿はお祝いの品としてはぴったりです。

鉢植えだとより一層豪華さに磨きがかかることも人気の理由だと言えます。

4、とにかく縁起がいい

最後はとにかく「縁起がいい」ということです。

お祝いのプレゼントは贈る品も大事ですが、やはり気持ちをいかに伝えるか?

ではないでしょうか。

特に日本人はその品に込められた意味

いわゆる縁起に敏感です。

その点、胡蝶蘭はとても縁起の良い要素で溢れています。

まず花言葉が「幸せが飛んでくる」

鉢植えの「根付く」と組み合わせることで「やってきた幸せが根付く」という素敵な意味になります。

そして名前にもある「蝶」

こちらも縁起の良い動物として有名です。

風水では蝶は「美」「喜び」の象徴として崇められていますし

また、海外では蝶は「魂」や「不死」の象徴とされていて、見かけるだけでも運勢が上を向くと言われています。

蝶だけでも「いつまでも元気で美しく、喜びに溢れた夫婦生活を送ってください」

という想いを表し

そして「その幸せが長く続きます様に」と。

胡蝶蘭は相手への愛を表現するのにぴったりなんです。

いかがでしたか。

今回は「胡蝶蘭」が金婚式のお祝いにぴったりな理由をお教えしました。

金婚式は結婚50周年ということで一生に一回のとてもおめでたい事です。

できれば祝う側にも祝われる側にとっても素敵な1日になればいいですね。

そしてそんな「幸せが根付くように」と

想いながら今回はこのあたりで。

お読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

CAPTCHA