個展の贈り物には胡蝶蘭です

最近は、パブリックスペースとして、一般に作品展示会場を提供するところもあって、昔は、ギャラリーと言えば敷居が高く、

なかなか行くだけでも考えものでしたが、その傾向が少し変わってきています。

さすがに素人がデパートで個展をするのは、する側も相当に

念入りに準備をして、いかに集客するかを考えるのですが、

その時に一役かってくれるのが「花」であることは意外に

知られていないでしょう。

わざわざ「花」を見に入らせてもらいましたと、陶芸展に

入って来られることも少ないでしょうが、私は、作品展示会場で、

いかに花が重要かを知っているので、知人が陶芸展を開催すると

きき、お祝いに花を贈ることにしたのです。

最近は彩り美しい陶芸もありますが、知人のはドスンと落ち着いたものですので、私はこういうどっしりした器にこそ、

あの花はふさわしいと思い、胡蝶蘭を贈ったのです。

その道一筋の鍛錬に思われがちな芸道ですが、

実は、器を勉強する方は、そこに活ける華も勉強します。

知人のつくるものがその中でも、胡蝶蘭を活けると素敵な物で

あったので、胡蝶蘭を選んだのですが、もちろん花屋さんからは、器に入った胡蝶蘭を届けてもらいました。

少し離れたところから眺めると、器の上に、胡蝶蘭が

寄り添い絶妙な光景でした。

コメントを残す

CAPTCHA